新田まとめられる。

おはようございます。

 

わたくしがまとめられたようで、、ありがたや。

 

代官山robinの新田将行さん♡フォロワー10.800人のインスタグラムはおしゃれヘアスタイルでいっぱい

 

運営:美容院・ネイルのサロンリスト

 

meryとかでもちょこちょこ取り上げられて頂いている(らしい)のですが、、

 

いかんせん、誰かが「載ってたよー!」と教えてくれないと全く知る機会がないという笑

 

今回は記事になる前にライターさんがわざわざ聞いてくれたので、このようにお知らせできております。

 

当たり前のような気がしますけどね笑

 

自分のことはさておき、robinのことも紹介してくれておりますので、ぜひご覧くださいませ。

 

macaronさんありがとうございました。

名称未設定-66

 

Chao!

 

 

 

 

 

 

57 union 始動

こんにちは。

 

本日2月1日より『57UNION(ゴーナナユニオン)』というオンラインサロンを沖浜健一さんと始めることになりました。
メインとなるのは今までやってきた撮影のノウハウをあますことなく公開する有料のオンラインサービスになります。

 

はじめてこのお話を頂いたときは「そんなこと自分にできるのか、、」と感じました。
カメラを手にして自分で撮り始めたのが約7年ほど前、3年ほど前から全国でメイクと撮影セミナーをさせて頂いたり、お客様のブライダルやマタニティフォト等、美容師というスタンスは守りながら、「写真」というものに関わらせて頂いています。

 

その中で、僕は「写真」によって自分の美容人生が明らかに変わっていったことを体感しています。
今まで見えなかったものが見え、やっていなかったら出会えなかった人と出会え、仕事の幅もどんどん増えていきました。

 

そういった自分の経験値や、これからやっていくことなどがオンラインの限定された枠の中で共有しあい、切磋琢磨していけたら、きっとご入会された方の為にも、そして僕の為にもなるはずだ!と確信し、
『57UNION(ゴーナナユニオン)』を始動することとなりました。
撮影に興味のある方、撮影が好きだけど伸び悩んでいる方、サロンのブランディングを考えている方、ぜひこの機会にご入会いただけたら嬉しく思います。
https://synapse.am/contents/monthly/57union

 

こちらでお会いできることを楽しみにしております。

IMG_1205

IMG_1204

あまり詳しくない方に贈る「知っておくべきフォトグラファー」新田主観選抜vol.5

☆告知☆
 
2016年5月2日 新田将行 トークライブ&セミナー
「新田と遊ぼう vol.2 in 神戸」
第一部 11:00〜13:00
 東京で募集開始一日で満席になった新田将行によるトークライブ!!
海外や日本のファッションフォトグラファーの歴史や手法から今注目される写真をどう撮るのか、どう我々の仕事に落とし込むのか。
様々な写真家の仕事を参考にしながら、独自の理論で「美容師が撮るべき写真」を語り尽くします。
 
定員50名
チケット 3000円+TAX 
 
   第2部 13:30〜17:00
2016年のトレンドメイクとファッションとヘアスタイリングを組み合わせて、半歩先行く発信を!!
・2016年注目は「ダブルライン」?!
・おフェロは卒業!次は◯◯◯メイク!!
・ヘアは質感とパンチ力!!
・アナログカメラとデジタルカメラ、それぞれの利点を使い倒す!!
などなど、解説付きのスタイリング、メイクアップ、カメラワークのデモンストレーションになります。
モデル 石元歩唯(いしもとあい)
専門学校を卒業後サロンモデルとして関西を中心に活躍中。
Instagram(@518aichi)でその可愛さとセンスが注目を集め、ViViの誌面に度々スナップされていた石元歩唯ちゃん。
現在フォロワーは25000人!話題のインスタグラマーであり、新生ViVi girlです!
 
定員25名
チケット 5000円+TAX
 
一部二部両方ご参加の方は8000円+TAXのところを7000円+TAXとさせて頂きます。
先着順になりますので宜しくお願いします。
 
場所 ナプラ神戸スタジオ
お申し込み、お問い合わせは、こちらの美容師さんへの情報発信専用LINE@のIDで友達追加して頂いてメッセージお願い致します^ ^
モデルさんや学生さんでも楽しめる内容になっておりますので、美容師さんに限らず参加して頂けます。
 
 
⭐︎    ⭐︎    ⭐︎    ⭐︎    ⭐︎    ⭐︎    ⭐︎    ⭐︎
 
今回紹介させて頂くのは、フランスのpurpleというファッション雑誌などで有名な、スウェーデン人フォトグラファー、アンダース・エドストロームです。
 
2001_MiuMiu_Advertising_05 2001_MiuMiu_Advertising_07 2001_MiuMiu_Advertising_10 2001_MiuMiu_Advertising_11 2001_MiuMiu_Advertising_12
なんといっても2001年のmiu miuのキャンペーンです。
 
アンダースの特徴は、望遠レンズでファッションも風景もキレイに切り取るというところですね。そしてこのmiu miuの写真を見て、逆光を使って柔らかい光を纏ったポートレートってものすごく素敵だなと思いました。とにかく衝撃でしたね。こういうの、自分も撮りたい!と強烈に思いました。
 
こういう光は太陽が高い位置にくると撮れないので、しかも空気が乾燥していないとこの感じが出ないので、冬の朝8:00〜9:30くらいがベストです。東京では。
 
15,12,22-5 15,12,22-19 15,12,22-24
先月撮らせて頂いた写真がこんな感じです。アンダースを死ぬほど意識した「冬の朝」シリーズ。
90mmの望遠で、ネガフィルムで撮っているのでピリッとした冬の空気感がよく写ってくれたかな、と思います。今改めて見て、自分でもすごく好きな写真です。
 
話が逸れましたが、、そしてこのアンダース・エドストロームですが、
このmiu miu以降、大きなブランドのキャンペーンは撮っていないようで、仕事の内容的にもなんとなく小さくなっているようです。
 
素晴らしい写真家なのに、なぜか。
 
僕が非常に尊敬する方が言っていたのですが、アンダースは自分のことを「ファッションフォトグラファー」ではなく「作家」だと言っていたようです。海外では「ファッションフォトグラファー」という肩書きはちょっと舐められるらしく、「作家である」というのがすごく意味を持つようです。
 
ですが「作家である」にも関わらず、「作家として」地位が確立する前に、若いうちに多額のギャランティのラグジュアリーブランドのキャンペーンを撮ってしまった。そうすると結局「ファッションフォトグラファー」という位置付けになり、でも自分では「作家」と言っているというので、なんとなく矛盾がありますね。
 
で、purpleで同じ時期に活躍していたテリー・リチャードソンやヨーガン・テラーなどは「自分は作家だ」なんて言わなかったそうです。そしたら逆に今テリーやヨーガン・テラーは作家でもあるので自分の写真集も出し、キャンペーンもエディトリアルも撮ってるという、、
 
この図式はなかなかおもしろいですよね。色々思うところがありますね。若いうちに調子乗っちゃいかん。という、こういった意見というか、考えがあるようです。
 
で、最近ですね、アンダース・エドストロームですが、東京・広尾にあった羽澤ガーデンを約9年間に渡って撮り続けた作品、「Hanezawa garden」という写真集を発売しました。
 
大正4年に建設され見事な日本庭園で知られた羽澤ガーデンは、この文化的価値のある建築の存続を望む近隣住民らの保全運動にもかかわらず2012年にその大部分が取り壊され、跡地には3階建てマンションが建設された。瑞々しい竹が生い茂る緑豊かな庭や落ち葉の積もる屋根は時と共に移り変わり、江戸時代から現在までの日本の歴史をもつ場所の証人であった羽澤ガーデンの豊かな樹木はもはや見ることができない。我々の目に都市開発で消えてしまった「土地の文脈の記憶」を映し出す写真集。
 
スウェーデン人の目線で撮る古き良き時代の趣を残す日本の原風景の写真たち、彼の得意な柔らかい自然光、本当に素晴らしい写真集ですので、よろしければぜひ皆様見てみて下さい。
 
Chao!
 
 
 
 

多分、これから

今月号のGINZAを読んで、

 

 

多分、これから、

 

 

「あえて写ルンですで撮りました」みたいな人が増えていく気がします。

 

 

ただ、勘違いしてはいけないのは

 

 

あえて写ルンですを使う、というのは、重層的な表現であるということだと思います。

 

 

おそらくおしゃれピーポーの間で流行っていくと思いますが、

 

 

例えばモード誌の巻頭ストーリーでとびきりいいモデルとうん十万するコートとか着て、びゅんびゅん風を受けながら、それをあえて写ルンですで撮る、みたいな。

 

90年代初頭のエディトリアルみたいな粒子の粗い感じとか今は逆にないし、ネガの浅い感じとかがレトロでおしゃれだ、という時代の流れから、あえて使う。

 

端的に言うと「豪華な人や物を使って作り込んで、あえて”ちゃちく”撮る」

 

ということをして初めて意味を持つのではないかなあと。

 

だから、

頑張って可愛くしてそれを写真に収める、という美容師さんの作品撮りにはあまり向いていないと思います。

 

 

言い方悪いですけど、普通に可愛い娘に、サロン的な「可愛い」を乗っけて、普通の服着せて、それを写ルンですで撮ったって、ただの画質の悪い写真にしか見られません。

 

 

僕は今年初めくらいに写ルンですで何回か撮りましたけど、精度は甘いし、逆光には劇弱だし、もう使わん、と思いました。

 

 

今は半分以上フィルムで撮っていますが、そこそこいいカメラじゃないと怖いです笑

 

 

豪華な人をもし撮る機会があったら、27枚撮りの写ルンですでパシャパシャ撮ってみたらいかがでしょうか。

 

 

一枚くらいは「いいかも」と思える写真に出会えるかも。

15,12,4,1

 

 

Chao!

12月12日は、、、

こんばんは。

 

 

昨日のblogが一晩で2000pv越えて、なんかいつもおとなしい右上の吹き出し見たいのが赤くなっていました(ワードプレスやっている人じゃないとわからないです、すみません)

 

 

どうも新田です。

❄︎ ❄︎ ❄︎

最新の作品「artwork5」を含む、新田の作品集はこちらから!

⇩  ⇩  ⇩

作品集

 

サロンのご予約やご相談はこちらから!

⇩  ⇩  ⇩

ここでちゃんと美容師やってますよ〜

 

美容師さん向けセミナーなどの情報をお送りするLINE@は

⇩  ⇩  ⇩

美容師さんぜひ登録してくださいね!

❄︎ ❄︎ ❄︎

 

さて今回のタイトル、12月12日はというと、ファッション誌「GINZA」の発売日です。

おいおいそれだけかよクズ美容師がと思うなかれ。特集がすごいのである。

IMG_9515

やばいだろこれは。ワタシのトークライブに来て頂いたり、ワタシの家に招かれて手料理を食ったりしている人はこの「奥山由之」という人についてさんざん語られてきていると思いますが、存じ上げんぞという方のために一応。

奥山 由之(おくやま よしゆき、1991年1月23日 – )は、日本の写真家映像作家慶應義塾大学法学部卒業。第34回写真新世紀優秀賞受賞。(wiki参照)

このお方は大学在学中にCanonが1年に一度催す写真新世紀というコンペ(美容界でいうJHAのような大変歴史と権威に溢れたものであります)で見事優秀賞を勝ち取った(しかもこのとき彼は20歳そこそこ、しかも大学の写真サークルの人です)天才であります。

 

ワタシはこの年の写真新世紀の受賞作品をみて奥山氏を知ったわけですが、正直最優秀賞の写真よりも5億倍ほど光っておりました。ネガ独特の粒子の荒さとテーマの甘美さがさしずめ単館系の洒落た映画のようで、これどうやって撮ったんだという好奇心がメラメラと燃え上がったのを今でも覚えております。

 

そして今現在の日本のファッション誌におけるネガブーム、果ては20代の若いフォトグラファーのネガブームは完全に奥山氏の登場によって巻き起こったといっても過言ではありません。

「写ルンです」で撮影したりもする彼ですが、「あえて今写ルンですで撮るのがおしゃれっしょ」みたいなことを言っている方にはお気をつけ下さい。完全に奥山氏の影響ずっぽしです。

 

彼の写真の特徴は「90年代のイケてるときのエディトリアル」である、ということが挙げられます。実際彼に優秀賞を与えたのはHIROMIXさんであるし、(HIROMIXさんはまさに90年代大活躍でした。ちなみに彼女も写真新世紀出身でセルフポートレートで世界で大絶賛、その翌年か翌翌年に写真新世紀で登場するのが蜷川実花さんです。彼女も初めはセルフポートレートで、しかもモノクロでした。)今「ネガブーム」というよりむしろ、奥山氏がこういうかたちで出てきたことによってもともとネガで撮っていてなおかつ90年代の雰囲気を上手に撮れる人を雑誌サイドが起用しだしてる、という感じもいたします。

 

デジで撮っても「フィルム風に加工」みたいのも多いですから、「雰囲気勝負」は今の所完全にフィルムの圧勝のようです。そんなことを考えてワタクシ、先日ついにどこに行っても売っていない、あの若くておしゃれなカメラ好きカップルやら女子やらが集うポパイカメラの店員に聞いても「は?」と言われてしまう「タングステンフィルム」を探し当てました。すげー簡単に説明すると、古い映画のブルーフィルターがかかったような写真が撮れるフィルムです。まあフォトショで色温度下げればそんなのできちゃうから売ってないんだろうけど、(というかネガブームだっつってんのにコダックのフィルムどんどん高くなるけどマジでなんなのよ)やはりその場の空気を焼き付けるフィルムというもので一発で勝負するのが粋ではありませんか。来週バシバシ撮っていこうと思います。

 

Chao!

15,11,13,12

Schedule更新!

おはようございます。

 

 

フィジーから帰ってきててんやわんや新田です。

 

 

さて、5月前半までのスケジュールを公開しました。

こちらをクリック!

 

毎年巻き起こるGWあるあるとして、、

 

 

まずひとつ。

 

 

意外と、ヒマです笑

 

 

原宿あたりは人がわんさかわんさか来ますので、

 

 

それこそ撮影とかは日の出とともにはじめる感じになりますし、

 

 

セミナーなどもありませんので、

 

 

予約、取れるよ!来てね!!笑

 

 

そしてあるあるもうひとつ。

 

 

4月から新社会人になった方。

 

 

だいたい研修を終え、

 

 

GWあたりに来店されて、

 

 

「もう辞めたい笑」と言い出し、

 

 

僕に励まされるという笑

 

 

通例の行事になっています。

 

 

弱音を聞くのも美容師の仕事。

 

 

Chao!

15,3,30,runa-7

 

 

 

Schedule更新!

おはようございます。

 

ありがたいことに、

 

3月のご予約が全て埋まりましたので、

(キャンセル出るかもしれないけど)

 

4月後半のスケジュールを公開しました。

↓ ↓ ↓

こちらです

 

4月は後半に北海道の出張が入っておりますが、長期でサロンに出勤しないことはないので、

 

皆様宜しくお願いします。

 

運が良ければフィジーのお土産もらえるかも。

 

Chao!

15,3,21,sophia-13

Schedule更新!

4月前半までのスケジュールを更新しました!

 

こちらです。

 

4月は7日から一週間仕事で海外に行くのと、

 

帰ってきてすぐに北海道にこれまた仕事で行かせて頂きますので、

 

かなりご予約がタイトになると思われます。。

 

お客様には大変ご面倒ご迷惑をおかけすると思いますが、

 

他の美容室には行かないで下さい。

 

僕が可愛くしますから!

 

Chao!

15,2,28,sophia-5

Schedule更新!

こんばんは。

 

 

3月後半までのスケジュールを更新しました!

 

 

3月は出張やウェディングのお仕事がありますので、お客様にはご迷惑をおかけしますが、

 

 

少しご予約が取りづらいかもしれません。

 

 

でも3月は新スタートに向けて可愛くなるべき!素敵に変身すべき!

 

 

皆さまのご予約ご来店心よりお待ちしております!!

 

 

Chao!

15,1,27 maiko takahashi-14