可愛い髪型研究会vol.12 in 名古屋ナプラ 総括part2

可愛い髪型研究会vol.12 in 名古屋ナプラ 総括part2 です。

 

第二部は少人数制で、それぞれ連れてきて頂いたモデルさんをヘアメイクして頂いて、撮る、というところまで僕がちょこちょこ口を挟ませて頂きながらやっていくという内容です。

 

s__18726978

僕が感じたことは、この一部二部制というやり方でもう3年ほどセミナーやらせて頂いていて、

 

主に東京が多いわけですが、

 

「む!名古屋レベルたけえ!」というのが正直な感想です。

s__18726979

もちろんそれぞれレベルに開きはありましたが、いい道具持っているし(自己投資が半端ない)、

 

終わり際に「新田さんが使っていたコスメ帰りに買っていきます!」という方もいらっしゃって、

 

「負けてらんねーなこのやろう」と強く思いました。

s__18726980

同行してもらったアシスタントもいい刺激になったのではないでしょうか。

 

東京の中心地でやっているなんて大したプロップスではなくなった。

 

とにかく必死で頑張って自分の武器となり得るものを見つけて、それを毎日研ぎ続ける。

 

それこそ「苦労する甲斐のある道」ではないでしょうか。

%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_369

セミナーをやらせて頂いて、

 

いつも刺激を受けるのはやっている側だ、とはよく言う話で、僕も毎回そう思います。

%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc_7025

皆さま熱い気持ちをありがとう。

 

そして

 

s__18726981

一部二部が終わりおじいさんのようになってしまったオレと仲間たち。

 

セミナー一回やると5歳くらい老けます。そのくらい出し切ってしまいます。

 

そしてそして

 

s__18726986

 

締めはひつまぶしで。

 

キテレツ子もご満悦。

 

ちゃんとブルーアッシュで染めたよん。

 

img_7638

 

ではまた会う日まで。

 

one love

可愛い髪型研究会vol.12 in 名古屋ナプラ 総括

こんにちは。

 

先日ですが、

 

ナプラ名古屋スタジオにてセミナーの講師をやらせていただきました。

 

なんやかんやでこういった受講生が50人規模のセミナーはもう12回目(くらい)、、

 

本当にいつも感謝です。

 

さて、ほぼほぼ全員が名古屋は初めてです。

 

今回のチーム新田。

s__18726988

今回はオレに加え、

 

モデルはキテレツ子。

 

アシスタントは我がサロンrobinのセルライト小杉と、

 

57unionを共に主催しているおっきーのサロンのスタッフ、笑福亭ぺんぺん丸です。

 

さてさて早速到着して、キテレツ子が早速やらかしました。

 

スタジオで準備中、コーヒーが飲みたくなってレツ子ちゃんに買いに行ってもらったのですが(モデルに買いに行かせるオレもどうかと思うが)

 

まさかのお盆にグラスというウェイトレススタイルで持ってきて、

 

「??!!」ってなってたら、

 

「テイクアウトって言うの忘れて、でもまた作り直してもらうの悪いからこのまま持ってきちゃいました〜〜〜」

 

これで場が羊だらけの動物園くらい和んだのは言うまでもありません。

 

この出来事から、言動があまりに奇妙キテレツなので、キテレツ子というあだ名になりました。

 

s__18726982

 

まあまあシュッとしてるんですけどね、、おもろい。

 

s__18726973

さて一部はA/Wのトレンドメイクとヘアとファッションの考え方とどう落とし込むのか、という提示ですね。

 

せっかく来ていただいた方に申し訳ないので、詳しい内容は一切書きませんが、

 

受講された方で何かご質問などありましたらfacebook経由でも結構ですのでメッセージくださいね。

 

s__18726969 s__18726971 s__18726976 s__18726977

 

実際にシューティング。いつもの通り、撮ったのは5枚ほど。

 

でもなぜその枚数なのかとか、

 

アートワークとコマーシャルをしっかり分ける考え方とか、

 

伝わっていただけたのであれば幸いです。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-86 %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-89

 

普段は35mmのフィルムで撮っていて、セミナー等すぐに見せなきゃいけない時限定でデジを使っていますが、

 

そのデジで撮った写真をphotoshopを使ってネガフィルムで撮った風に加工する方法などもお見せしました。

 

現代のテクノロジーを使って、絵を完璧にするためにいじりまくるのは個人的に超アリだと思っています。その先の目的やゴールがきちんとしているのであれば。

 

そしてここから二部の受講生の方々の実習に続きます、、

 

Chao!

奇跡の9.23

こんばんは。

 

本日、奇跡が起こりました。

 

オレが写真家の中で一番尊敬していて、初めて「この人になりたい!」と思った人が、

 

20名限定でワークショップを開講するという、、しかもスタジオ演習でガッチガチのプロのファッションフォトグラファーの方のライティングが見れて、教えてもらえて、手ほどきして頂ける。

 

行きてえ、、、

 

そう思ったが、募集要項には「プロのカメラマンに限る」と。

 

0.00001秒ほど躊躇したけど、「オレは写真の仕事でお金を頂いている、オレはプロだ!」と思い、

 

ソッコーでメールを送り、ポートフォリオを送った。

 

もちろん自分は美容師だ、と最初に書いた。

 

結果は9月19日だった、はずが、

 

応募があまりに多かったのか、22まで伸び、

 

さらに、

 

img_7366

 

マジで蛇の生殺し。

 

倍率何倍なんだよ、、、しかしながらこちらの講師の方はマジで世界レベルの作家タイプのファッションフォトグラファー。

 

clowd2rvaaaua5u-jpg-large

 

最近だとこのカバーとか、

 

TOGAのルックはほぼこの方が撮っているし、、

 

なんかもうこんなすげえ方に自分のポートフォリオに目を通してもらっただけでもありがたいんじゃん。

 

まあ無理か。なんて諦めていたら

 

img_7365

 

マジか

 

マジなのか

 

マジなのカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヤバスギル

 

選んでくださった関係者の方に大感謝。

 

そしてこのワークショップに通わせてくれる会社に超大感謝。

 

しっかりやって、最強のカメラ美容師を目指します。

 

One Love!

 

img_2036

写真の撮り方ではなくて見方を勉強すべきだった

どうもこんにちは。新田です。

 

タイトルの通りですが、

 

写真の撮り方やイメージを具現化する方法、みたいなことは僕も皆様もかなり勉強してきたと思いますが、

 

「写真の見方」ってどうでしょう??

 

実は写真を見るには歴史を勉強する必要があり、作家のバックボーンを知る必要があり、「絵」として観る能力も必要であり、実は撮るよりも難しいのです。

 

撮るのはシャッター押せばとりあえず撮れますから。しかしながら「写真を鑑賞する」というのは難しい。

 

例えば僕が好きなヨーガン・テラーやティルマンスや、超大御所で言えばエグルストンとか、単純に見たらスナップで簡単に撮れそう、に見えちゃう。だからこぞって真似しようとみんなするわけですね。

 

しかしながら勉強すればするほど、「これはできないなああああ」と深く絶望しますね。

 

「いい写真」と「そうでない写真」を見分ける、そういう能力はSNSに写真が不可欠になった今もっとも必要な能力ではないでしょうか。イメージを写真で表現する我々はなおさら。

 

その辺りもオンラインサロンでどんどん勉強していただこうと考えております。

 

さてさて、オンラインサロン「57union」では皆様に作品を撮ってもらって僕が拙いながらも評価させていただいておりますが、

 

皆様どんどん上手くなり、たまにこっちが血を吐きそうな気分になる(いい意味で)作品を上げてきます。

 

14010098_1077356862340257_1666686950_n

小菅さん

13782125_1083434305069462_5552688430203107634_n-2

伊藤さん

 

最近ではこの二つの作品が個人的に刺さりました。

 

ヘアの作り方が丁寧で繊細。モデルの思慮深げな表情もいい。構図もいい。色味もいい。もっと上手くなれる可能性を感じます。

 

もっと素晴らしい作品を撮っていっていただきたいものです。

 

しかしながら、やはりこのSNSの時代には「リスペクトのないオマージュ=パクリ」がハンパなく横行しています。

 

よく知ってるモデルさんや美容師さんから「これもろに新田さんのパクリじゃ、、」というスクショが送られてきます。

 

ま、アイデアとかだけなら別に僕からという確証もないだろうし別に、、という感じですが、

 

撮り方まるっきり同じ、キャプション(文章)とか、僕がブログで書いているこだわりとか、信念とか、そういうのまで同じように書いている方が多々いらっしゃいまして、

 

それはもう「オメーの写真はなんも写ってねーなこのち○カス」と言葉をかけてあげたいです。

 

嫌なものですよ、面識のない人にごっそり持ってかれて、あたかも自分の言葉のように発信されるのは。

 

自分をしっかり持って、ちゃんと歴史やアートとの関係を勉強して、自分の写真を撮りましょう。

 

例え下手でも、そういう姿勢が写るのが写真の素晴らしいところではないでしょうか。

 

Chao!

名称未設定-151

 

 

57unionセミナーご案内 「センスは磨くな、尖らせろ!」

おはようございます。

 

またまたで恐縮ですが、セミナーのご案内です。

 

S__50700319

「センスは磨くな、尖らせろ!」は新田語録の一つで笑

 
なんとなく「自分」とか「個人」とか大事にする風潮があって、それこそ「オンリーワン」的な、「元々特別なんだ」みたいな感じが、あまり好きではなくて笑
 
そうやって大事に大事に磨いてるとどんどん丸くなって、結果みんなと同じ形になるよって。
 
そしたら素材がめちゃくちゃいいやつがガーーン!と行くよね。
 
みんな素材が違うのに同じ形になろう、としている感じがちょっと違和感を感じてしまうのです。
 
いや、そうじゃない、
 
雑でもいいから、どんどん削って尖らせようぜ!そしたらみんな形が違くなって面白いじゃん!
 
という浅はかな発想です。
 
まあそんな感じで57unionというオンラインサロンを沖浜くんとやっているわけですが
 
普段のコラムの更新や会員の方のご質問にガンガン答えていくし、
 
こういった定期的なセミナーに無料だったり超激安で参加できたりします。
 
沖浜くんは僕の100倍色々丁寧です。言葉遣いも。
 
 
セミナー内容は、A/Wの色々やります!
 
 
詳しくはいっぱい聞いて!
 
IMG_6258
 
Chao!

 

可愛い髪型研究会 in Nagoya

こんにちは。

 

9月26日に名古屋のナプラスタジオにてセミナーをやらせて頂きます。

b0859b8213339b634fd814830a6c4011 のコピー

 

1部+2部はすでに定員に達しているようです。

 

1部のみはまだ空きがあるようなので、ご興味のある方はぜひご来場ください。

 

こういった集合セミナーはもう14回目。

 

今まだ内容は絶賛練り練り中ですが、メイクは結構面白いのをお見せできそうかな、と感じております。

 

写真に関してましては撮り方もそうですがレタッチでも面白いのをお見せできそうです。

 

僕は普段はフィルムカメラで撮っているのですが、フィルムだとその場でデータがお見せできないので、セミナーではデジで撮ります。

 

そのデジで撮った写真をフィルム風にいい感じにレタッチする方法などをお見せする予定です。

 

去年くらいまではセミナーも呼んでいただければどこでもいくぜ!!的なスタンスだったのですが、今は正直1年に何度もやってもそんなに新しいものを見せれるわけでもないですし、

 

初心者向け、みたいのやれば同じコンテンツの焼き直しで何度もできて儲かるんですが、あんまりそういうのも自分のやることではないかな、と感じておりまして。

名称未設定-16

 

 

その代わり、メーカーさんやディーラーさんのお力を借りて、半年くらい貯めたスキルと経験を放出する場を提供して頂いて、ガッツリやらせて頂いております。

 

初めての名古屋、皆様よろしくお願いします!

 

名称未設定-45

 

Chao!

僕が考えるinstagram

こんばんは。

 

今日はちょっといつもと変えて、instagramについて書いてみようと思います。

 

というのも、僕は月に10回くらい色々な撮影をしていく中で、

 

サロンモデルさんともよく会うし話もたくさんするのですが、

 

「撮影で行ったサロンの方から写真をタグ付けして載せてくれ」との連絡がかなりくる、と結構複数のモデルさんがおっしゃっていました。

 

のでそれはちょっと違うんじゃないのかなーと思い、筆を取った次第です。

 

instagramはtwitterとは似て非なるもの

 

まずinstagramは自分の作品を投稿する場である、という認識が必要であると考えます。

そしてその写真の集積であるトップ画面も含め作品なのです。

 

ですから、自分の世界観を壊す作品を載せる人はいません。

ましてやフォロワーが多く、影響力の強い人であればあるほどなおさら。

 

もちろん写真付きのつぶやきとしてinstagramを愛用している人もたくさんいるが、そういうユーザーで有名人以外でフォロワーが1000人とか超えてる人などほぼいないと思います。

 

だからもし本当にモデルさんに載せて欲しいのであれば、事前にそのモデルさんのinstagramをチェックして、世界観を理解し、

 

その世界観に合い、なおかつクオリティの高い作品を撮れば必ず載せてくれるはずです。

まあそうすると一体何のために撮影しているんだ、という本末転倒な感じにはなりますが。

 

そうでもなければ撮影のギャラとは別で掲載料的なものをお支払いするとか?

ですかねえ。

 

僕は「どうしたら載せてもらえるか」とか「アイコンに使ってもらえるか」とか、そういったことをコンシャスに考えてやっているので、ほとんど皆さん載せてくれます。

 

が、これもまた重要だと思いますが、モデルさんがいくら載せてくれても

それ見てお客様が来るとかほとんどない

です。

 

なぜなら、モデルさんのフォロワーはまず大半が美容師さんだったりするし、

それかそのモデルさんのファンだと思いますが、

 

だいたい髪の長さも色もそんなに劇的に変わっているわけではない=撮影ってスタイリングだけして撮っているのね、ということをだいたいの方は分かってみているのではないでしょうか。

(もちろん全部とは言いませんが)

そんな簡単にマネタイズするならホットペッパーなどなくなり、SNSで十分賄えるようになりますよ。

でも現状は難しい。

 

髪よりもつけまとかコスメについてのコメントはめちゃくちゃ多かったりしますね。

 

しかもinstagramはtwitterと違って「リツイート」というものがないので、拡散もたいしてしません。

 

ですから、モデルさんに無理言って載せてもらっても、あまり効果はないように感じます。

 

で、僕はinstagramの一番重要で大事なことって実は、

 

「自分がフォローしている人は少ないが、自分はものすごく沢山の人にフォローされている」
というかっこよさ

というセルフブランディングのため、というのが一番強く感じてます。

 

人気を数値化するのに今一番HOTなものではないでしょうか。

 

もちろんメイクの動画とか、アレンジとか、大成功した例もたくさんありますが、

あれはもうマーケティングの成功ですよね。写真のクオリティでなく(もちろんクオリティも高いけども)。

閲覧されるテクニック、ユーザーに気に入られて、活発にコミュニケーションをとる能力が必要なのだと思います。

 

最近は#サロンモデル で見てみると、若い女子の谷間とむちむちの二の腕と太もものオンパレードな時があって、

何を見てるんだろうと思いながら人差し指で下へ下へスクロールしてしまう自分がいます。

 

instagramユーザーの質の低下、なんてことも言われてますが、

僕もそろそろEyeEmに引っ越ししようかな、、と考えております。

 

ちなみに僕のinstagramのフォロワーは10.9kです。

まあまあです笑

 

Chao!

名称未設定-159のコピー

 

 

 

 

 

 

昨日のプライベートメイクセミナーの補足

おはようございます。

 

昨日ですが、お客様向けのプライベートメイクセミナーを開催させていただきました。

 

プライベートセミナーなので、どんな様子かだったか?みたいな写真は一切ありません笑

 

LINE@とinstagramとfacebookで告知させて頂きましたが、

 

結果的にキャンセル待ちの方が13名にまでなっておりまして、、、有り難や、、、

 

夜の開催なので、なかなか予定がわからずに、一週間前くらいにお申し込みを一気に頂きましたが、

 

あえなく満席で撃沈、、、という感じでした。

 

この辺りも含め、色々改善しなければいけないことがたくさんあります。

 

しっかり練ってまた開催したいと思っております。

 

さて、昨日の夜から今朝にかけて参加された方の質問で、

 

「筆」に関するものが多いので、blogでシェアさせていただこうと思います。

 

ちなみに僕が使っている筆は、

 

S__17678446

 

こんな感じ。でもこんなに買うのは大変です、、(5万はする)

 

ただメイク用品に付属のチップや筆では対応できない技もたくさんありますので、

 

5本、選抜します!

 

まずは、、

 

S__17678447

チークブラシです。

 

昨日参加された方は気づいて頂けたかと思うのですが、

 

僕のチークの入れ方は、付属の平たいブラシでは不可能です笑

 

自然なグラデーションと血色を生み出すチークには、このブラシのように楕円にカットしてあるものがベストです。

 

お次は、

S__17678448 S__17678449

アイホールにベースカラーを入れる丸筆。

 

目の形にスポッと合うので、こういう形がオススメです。

 

S__17678450 S__17678451 S__17678452

こちらはアイメイク、、用ではなく(自分的に)、

 

アイブロウ用です。

 

この筆のように、眉毛用は先が細くなるようにカットされていて、ちょっと固めのものが理想です。

 

眉毛の書き方も僕のやり方は特徴あるので、、ぜひこのような筆をゲットしてください。

 

S__17678453 

S__17678456

こちらはアイブロウ用と違って、スクエアに先がカットしてあるので、アイシャドウの締め色や、目の下のハイライトなどに使えます。

 

特に僕がよくやる目尻の上と下のつなぎ目に締め色を入れていくやり方は、付属のチップでは思った以上に太く入ってしまうので、なるべく細くて小さくてスクエア状に切ってあるものを使いましょう。

 

S__17678455 S__17678454

最後は、おなじみジェルライナー用です。

 

昨日いらっしゃった皆様は、ジェルで効果的に入れるインラインの凄さをしっかり体感していただいたと思います。

 

オススメはMACのジェルですが、ボビイブラウンの筆とセットになっているやつもオススメです。

 

とにかく柔らかすぎず、適度にコシがある筆を選びましょう。

 

最後に、、、、

 

メーカーはなんでもいいです笑

 

ちなみに僕のは全て白鳳堂です。

 

買ったのがもう10年くらい前ですが、未だ現役バリバリです。

 

では、

 

みなさま素敵なメイクを!

 

Chao!

JPEGイメージ-65C9740F3987-1

過大評価されている気がしてとても恐縮だけど、ひたすら続けてきて本当に良かったなとしみじみな内容と、なんかセミナーってこうだっけ?と感じたことを。

こんにちは。日曜日昼間、スキマ時間の新田です。

 

☆告知☆
2016年5月2日 新田将行 トークライブ&セミナー
「新田と遊ぼう vol.2 in 神戸」
第一部 11:00〜13:00
 東京で募集開始一日で満席になった新田将行によるトークライブ!!
海外や日本のファッションフォトグラファーの歴史や手法から今注目される写真をどう撮るのか、どう我々の仕事に落とし込むのか。
様々な写真家の仕事を参考にしながら、独自の理論で「美容師が撮るべき写真」を語り尽くします。
 
定員50名 
チケット 3000円+TAX                                     第2部 13:30〜17:00
2016年のトレンドメイクとファッションとヘアスタイリングを組み合わせて、半歩先行く発信を!!
・2016年注目は「ダブルライン」?!
・おフェロは卒業!次は◯◯◯メイク!!
・ヘアは質感とパンチ力!!
・アナログカメラとデジタルカメラ、それぞれの利点を使い倒す!!
などなど、解説付きのスタイリング、メイクアップ、カメラワークのデモンストレーションになります。
モデル 石元歩唯(いしもとあい)
専門学校を卒業後サロンモデルとして関西を中心に活躍中。
Instagram(@518aichi)でその可愛さとセンスが注目を集め、ViViの誌面に度々スナップされていた石元歩唯ちゃん。
現在フォロワーは25000人!話題のインスタグラマーであり、新生ViVi girlです!
 
定員25名
チケット 5000円+TAX
 
一部二部両方ご参加の方は8000円+TAXのところを7000円+TAXとさせて頂きます。
先着順になりますので宜しくお願いします。
 
場所 ナプラ神戸スタジオ
お申し込み、お問い合わせは、僕の美容師さんへの情報発信専用LINE@のID@tzn9651h (@含めて検索して下さい)で友達追加して頂いてメッセージお願い致します^ ^
1部のトークライブに関しましてはモデルさんや学生さんでも楽しめる内容になっておりますので、美容師さんに限らず参加して頂けます。
 
 
最近、もしかしたら自分は人気者なんじゃないかと錯覚するようなことがあり、、
 
IMG_3613
 
いいねをしただけでこんな狂喜乱舞してくれたり、、
 
IMG_3617
 
撮影に協力してもらって、逆に熱烈感謝してもらったり、、
 
IMG_3616
 
なんか
 
 
モテていると勘違いが止まりません。
 
 
もう写真撮り始めて6年目。
 
 
今では結婚式に成人式に広告にイメージ写真に、
 
 
立派に写真だけでも下手したら生計たてれるくらいになってきました、、、
 
 
もちろん今は美容道を邁進していく覚悟ですが、
 
 
写真は写真で、
 
 
辛く出口の見えないトンネルをいくつもくぐってきて、
 
 
今はよかったなあと思いました。
 
 
ちょっと警告、というか、
 
 
正直今は機材がいいのである程度見れるくらいは簡単に撮れます。
 
 
多分半年くらい人物撮影を定期的に月に10回くらいやればそこそこになると思います。
 
 
でもそこには「厚み」がありません。できる幅は広がるけど、薄いのです。
 
 
僕もようやくその「厚み」みたいなことの重要さに気づいてきました。
 
 
6年やって、やっとこのレベルです。
 
 
今は1、2年くらいやって、ちょっと撮れるようになったレベルでセミナーをやったりする方が多いようです。
 
 
覚えたてをこえて、ちょっとつかんできたくらいの時が一番人に教えたくなる時だから、その感じもすっごくわかります。僕も思いっきりそうでした。。
 
 
しかし、
 
 
「教える側」の責任ってすごくあって、
 
 
なんらかの影響を人に与えるわけだから、あまり厚みのないうちに広げすぎると、破れてしまうかもしれません。
 
 
まずはインプット、インプット、それを自分の作品にアウトプット、アウトプット、
 
 
それを繰り返し、2、3回壁にぶち当たって、それを越えて、そうした経験込みで技術や考え方を教えていくべきなのかなあ、、と感じています。
 
 
というわけで、もう来週に迫ったセミナー頑張ります!
 
名称未設定-44
 
 
Chao!