お花シリーズ「Power of Beauty」が結構極まってきた。

こんばんは。

 

今朝、私の大人気シリーズ、

 

「Power of Beauty」の新作の撮影でした。

 

もともとは、商品パッケージの撮影で使った生花を、

 

「もったいないから」という理由でモデルを寝かせて花を配置して写真を撮ってみたところ、

 

意外なほど評判が良く、作品としても成立するので、

 

シリーズ化してみた、というまさに偶然に導かれた感じです。

 

そもそも花は好きで、1年くらい独学でアレンジメントは勉強していたので、

 

色の配置や花の手入れや切り方など、

 

なんとなくはできる、というのも今はすごく役立っている。

 

ただ似たような作品をinstagram等で見る機会が多くなっていくにつれ、

 

この表現は正しくないかもしれない、と思って熱が急速に冷めてしまった。

 

しかしまた色々なきっかけがあり、久々に、、、

 

コンセプトを決め、花を決め、それに合うメイクをして、花を活けていく。

 

なんとも言えない高揚感があり、夢中になった。

 

自分が求めるのは、

 

深くて、感応的で、ベルベットのような質感。

 

モデルが、とか、花が、とかではなくて、

 

写真が、そういった質感を持てばいいなと思って、シャッターを切っております。

 

この撮影の時は、

 

基本的にはアシスタントなどは入れず、

 

全て僕一人でやるのはもちろん、

 

見学させて欲しい、という方も申し訳ないのですが基本的にお断りしています。

 

誰かに見られていると、どうしても「自分がどう見られているか」ということを少なからず意識してしまうので、作品に集中できません。

 

セミナー等の「お教えする」というスタンスで臨めば全然ベクトルが違うから大丈夫なのですが。

 

ですので、数人でスタジオ借りて「撮影会」みたいのも基本的にお断りしているのも、そういう理由です。

 

今回、だいぶ気合い入れました。

 

まだまだこの表現を続けていくことは、

 

苦労する価値があるように思えます。

名称未設定-65 名称未設定-68 名称未設定-64名称未設定-69

 

Chao!