【お花シリーズ】インスタ爆発中の能見でお花撮りました。

こんばんは。もうすっかり寒くなってきまして、

 

朝毛布にくるまりながら2度寝を5回くらいする季節になりましたね。

 

フィルムカメラ美容師の新田でございます。

 

今回は、だいぶ久しぶりの【お花シリーズ】の撮影です。

 

まずはモデル

 

まずモデルが決まらなければ話になりません。

 

僕のようなアラサーのおっさんでは仕方ないので、ちゃんと可愛い人にお願いします。

 

今回は

fullsizerender-11

「佐々木希に似てんじゃねー?」的な感じで一気にインスタフォロワー10万人。

 

マユチカンこと能見真優華。

 

そしてこのマユチカンに似合う花を探して行きます。

 

花探し

img_9534

だいたい1時間くらいとにかくうろうろしながら、頭の中でデッサンを繰り返してイメージを沸かせます。

 

そして途中でめんどくさくなって「えいっ」と買ってきます。

 

img_8399 img_8400

今回はピンクのアンスリウムをメインに考えました。

 

なんとなく似合いそうだな、的な。

 

そしてサブにカーネーション2種類。

 

脇を固めるのは千日紅、セロシア、かすみ草、プラチナブルー、ドラセナです。

 

順序としましては、

  1. まずモデルに似合う色合いを考える。
  2. 実際に花屋に行って一番似合いそうなメインの花を決める。
  3. メインを引き立たせるサブを決める。
  4. メインとサブの間を埋める花を3、4種類選ぶ(今回は色味と質感両方重視)

こんな感じで一個一個足し算で考えて行きます。

 

ヘアメイクをする

【お花シリーズ】は仰向けの状態で真上から撮るため、実は花の配置と同じくらいメイクが大事です。

 

特にベースの作り方。ファンデーションで3色、さらにハイライト等の骨格補正もがっつりやっています。

 

単純に仰向けだと下に筋肉が下がりますから、どうしてものっぺり撮れがち。もし仰向けでうまく撮れない方はメイクが問題かも(仰向けで撮る必要がどういう時にあるかわかりませんが笑)

 

そして出来上がったのがこちら!!

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-70

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-76

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-81

伝わりますでしょうか、、、我々の気合が、、、!!

 

嬉しいことに

img_8401

たくさんの方に見て頂けたようで、、とても嬉しいですね!

 

しかしながら

img_8402

自撮りの方がいいねが1000以上多いという笑

 

今年もあとわずかですが、2016年ラストを飾る【お花シリーズ】を計画中です。

 

乞うご期待!

 

ohana love.

新作「You know what I mean?」

こんばんは。

 

先日、最近インスタで人気大爆発の @nyon514 とロケしてきました。

 

ロケ地は昔僕がサーフィンしによく来ていたビーチです。

 

今回のモデルさんは、いわゆる「フェミニン」な感じが多い方なので、

 

クラシカルに、そしてクールに、という感じで、少しでも笑ったらシャッター切らないからね、と脅してからシューティングに入りました笑

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-8

多分、普段この娘のインスタとか見てる方からすると、

 

「全然いつもとイメージが違う!」

 

と感じてくれると思います。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

今回は全てネガフィルムで、ハーフで撮ったのも入れて合計4本撮りました。

 

36枚×4本だから、130枚くらい、、僕にしては相当いっぱい撮りました。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-15

最近、すごくいい時代になったなというか、

 

本当、1年前はフィルムで撮るっていうと「すぐデータ見れないの嫌」とか平気で言ってくるやついたりしたけど笑

 

今はフィルムで撮るっていうと逆に喜ばれます。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-17

もちろんデジの方が圧倒的に解像度は高いから、綺麗には撮れるんです。

 

しかしながらファッションとかメイクとか、映画の世界もそうですが、今は世界中で「90年代ブーム」です。ちょっとファッションとか勉強してる人ならわかりますよね。

 

で、90年代はエディトリアルがほぼネガフィルムのプリントだったから、やっぱりその雰囲気出すのに、デジだと難しいですよね。綺麗すぎちゃって。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-51

例えば古いレコードで聴いてた曲ですごく好きなのがあったとして、昔だとプツプツ、プツプツとか音がするじゃないですか。あれ込みで「素敵」だと思うんです。

 

だから変にリマスターされるとすごい引いちゃう。何もわかってねーなって。

 

ネガフィルムって、反転して現像されるじゃないですか。多分あの現像済みの茶色いフィルム、見たことみんなあると思うんですけど。

 

それをまたプリントとかデータにするとき反転するわけで、そこで一個フィルターかかってるというか、だから生々しくないんですよね。

 

そこが今の人は「おしゃれ」って感じるところかも。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-55

ちゃんと考えて撮ればヘアもメイクも服もわかる写真になる。

 

でもデジと同じ考えでフィルムで撮ったら絶対デジには勝てないと思います。

 

逆光気味で撮るとザラザラになりますし、恐ろしくシャドウ部分が緑被りになったりもする、、デジだったら絶対ないし、もしそうならすぐ確認して違う場所で撮りますよね。

 

でもその分鍛えれらる面はすごくあります。僕は現像代とか全部自腹でやってるからお金かかって大変だけど、、その分自分的にも納得できる質感になるし、モデルさんも喜んでくれて写真をいっぱい載っけてくれて、

 

こういう本格的なフィルムブームになる前からやってたから、なんとなく目立てて、セミナーのお仕事なども定期的に頂けたり。

 

ま、使った経費考えたらまっっったくペイできてないけども。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-63

でもそういう「作家的な思考」は常に持ち続けていたいですね。

 

続く。

 

One love.

 

フォトショで遊ぶ

こんにちは。

 

「blooming in summer」の撮影を終えて、燃え尽き症候群です。

 

なのでこういう時はフォトショで遊びます。

 

普段はフィルムで撮っているのでレッタチはしませんが、気質がオタクなので、ハマればめっちゃレタッチとかするタイプです。

 

フィルムで撮った写真を加工して再定義。

 

アナログとデジタルの融合ですね。一番好きなやつ。

 

名称未設定-233のコピー 名称未設定-237のコピー 名称未設定-227のコピー 名称未設定-228のコピー 名称未設定-229のコピー

 

構図と露出がいい感じの写真は、モノクロにしたりフィルターかけてもいい感じ。

 

やっぱり「写真として成立している」ってことがすごく大事ですね。

 

Chao!

フィルムの方がデジより作品の手離れが早いから、そこが好き。

こんにちは。

 

今日の早朝撮影しまして、

 

10時開店の恵比寿の現像屋さんにフィルム2本現像とデータ化頼んで、

 

1時間で現像完了。

 

終わり。

 

名称未設定-16

名称未設定-20 

結局デジで撮ると色や風合いが良くないから、レタッチが必須です。

 

でも気に入った色が出るフィルムを見つけたら、もうそれでよし。あとは頼んだラボの現像が気に入るか、みたいな感じ。

 

元々枚数はあまり撮る方じゃないけど、4takeで70枚も撮れれば60枚はいい感じ。

 

その中からホットペッパーとかの広告用と、自分のポートフォリオ用と、モデルに送る用と、ざっくり分けて終わり。

 

それですぐクライアントさんとか衣装の人とかモデルさんに送るから、「早!!」って絶対言われる。

名称未設定-31

だからよく「データが溜まっちゃって〜〜〜」みたいなこと言う人多いですけども、そりゃデジで100とか200とか撮ってそれ一枚一枚ピックしてレタッチしてたら大変でしょ、、と思うよ、、

 

名称未設定-38のコピー 

せっかく気合い入れてヘアメイクしたのに、あとからフィルターやら明瞭度加工やらでぼかしたりするのも意味ないと思っているので、撮る時はできるだけ全部写るように思いっきりf値絞って撮る。

 

だからもう現像終わったらいじるところがないのです。早い、そしてクソかっこいい。自分が求めていたクオリティに少し近づきつつあります。

名称未設定-43

 

最近は、

 

IMG_6318 IMG_6319 IMG_6320

 

このようにかわいこちゃんに褒められることもしばしば(ニヤニヤ)

 

今月は写真集作る予定です。

 

Chao!

可愛い髪型研究会 in Nagoya

こんにちは。

 

9月26日に名古屋のナプラスタジオにてセミナーをやらせて頂きます。

b0859b8213339b634fd814830a6c4011 のコピー

 

1部+2部はすでに定員に達しているようです。

 

1部のみはまだ空きがあるようなので、ご興味のある方はぜひご来場ください。

 

こういった集合セミナーはもう14回目。

 

今まだ内容は絶賛練り練り中ですが、メイクは結構面白いのをお見せできそうかな、と感じております。

 

写真に関してましては撮り方もそうですがレタッチでも面白いのをお見せできそうです。

 

僕は普段はフィルムカメラで撮っているのですが、フィルムだとその場でデータがお見せできないので、セミナーではデジで撮ります。

 

そのデジで撮った写真をフィルム風にいい感じにレタッチする方法などをお見せする予定です。

 

去年くらいまではセミナーも呼んでいただければどこでもいくぜ!!的なスタンスだったのですが、今は正直1年に何度もやってもそんなに新しいものを見せれるわけでもないですし、

 

初心者向け、みたいのやれば同じコンテンツの焼き直しで何度もできて儲かるんですが、あんまりそういうのも自分のやることではないかな、と感じておりまして。

名称未設定-16

 

 

その代わり、メーカーさんやディーラーさんのお力を借りて、半年くらい貯めたスキルと経験を放出する場を提供して頂いて、ガッツリやらせて頂いております。

 

初めての名古屋、皆様よろしくお願いします!

 

名称未設定-45

 

Chao!

せっかく美容師になれたんだもの。

色々なもので写真を撮ってきて、

 

ヘアカタログ的なものを撮るのはiphoneが一番いい、と思っています。

 

実際撮影の仕込みに来たモデルさんをフィニッシュ後にえい!とiphoneで撮ったものがすごく良かったりする。

 

なんせ見たまま撮れる。

 

f1.4とかで撮るとボケて綺麗だけど、そういう風に見えてるわけではないからね。

 

Lightroomで明瞭度下げてボケボケとかね、写真としてはいいかもだけど、やっぱり少し嘘が交じる。

 

で、じゃあなんで僕がわざわざこのデジタル全盛期の時代に、フィルム代もかかる生産もとっくのとうに終わって誰も使っていないようなアナログカメラでイメージを撮るのかって、

 

「普通じゃダメだから」

 

というシンプルな理由で。

 

ちょっと話は変わりますが、僕が好きなブッダブランドというHIPHOPグループの「人間発電所」という日本のRAPのクラシックと言われている曲にこんな歌詞があります。

 

「いかれてる、いっちゃってる、異ノーマル、普通じゃない並外れてる!

人とは違う独創性に富む、雲の上でCHILL上にゃ上がいる!」

 

この部分をラップしているのが去年亡くなったDev-Largeという人なのですが、

 

ラッパーは普通じゃダメなんだよ、と常におしゃっていたそうで、

 

僕は美容師も常にそういう気持ちがなきゃだめなんじゃないかって。

 

俺らは美容師っていう普通じゃない人種なんだ、作品づくりに関して、やってること簡単に理解されてたまるかよ!みたいな気持ち。

 

簡単に理解されるのはダメなくせに、たくさんの人に作品を見て欲しいという、

 

くそわがままな僕ですが笑

 

そして自分がつくって自分が撮るなら、やっぱりそのモデルさんの「パブリックイメージ」とは違うものにしなきゃなあと常に感じているところで。

 

せっかく美容師になれたんだし、

 

ヘアもメイクもうまくできるのに、普通のポートレートが撮れる人の写真とあまり変わらないようでは勿体無いというか。

 

名称未設定-163のコピー

もちろん自分がやっていることが大正解、なんて微塵も思っていないし、

 

でも「普通じゃダメなんだ」ってファインダーを覗くたびに思うようにしてて。

名称未設定-172

セミナーでもよくお話させて頂いているし、ブログでもよく書いていますが、

 

テレビはもう4年以上観ていないし、一般誌と言われる雑誌も一切観ていないし、

 

おかげで我が家は映画のDVDと写真集だらけになってしまいました笑

名称未設定-173のコピー

 

せっかく美容師になれたんだもの。

 

明日からまた頑張ろう。

 

Chao!

 

 

 

 

Femininity and the sea part4

こんにちは。

 

これがいよいよ最終章です。

 

名称未設定-152 名称未設定-157 名称未設定-161 名称未設定-163 名称未設定-164 名称未設定-165 名称未設定-168 名称未設定-169

この日の夕方の海はまるで、

 

アイロンかけたての白いベッドシーツを等間隔で揺すってるみたいな静かな波が来てて、

 

もう海を撮りたいんだかおなぎを撮りたいんだか。

 

しかしまあ今回は、というか一貫して考えているのは、

 

「すべて等価値である」ということ。

 

景色も、波も、服も、車の音も、髪も、人の美しさ、淡い光も、すべてを公平に写真に収めたい。

 

アンダース・エドストロームみたいに。

 

Chao!

 

 

Femininity and the sea part3

こんばんは。

 

新シリーズのパート3です。

 

名称未設定-61 名称未設定-62 名称未設定-63 名称未設定-64 名称未設定-67 名称未設定-69 名称未設定-71 名称未設定-74 名称未設定-75 名称未設定-77 名称未設定-80 名称未設定-81

色々な意味があって「森で撮りたい」と思って。

 

ちょうど陽が落ちていく時間帯で、

 

夏は始まったばかりなのに、木の葉の間からこぼれる光が、夏の夕暮れの最後の光を思わせた。

 

Chao!

 

Femininity and the sea part2

こんばんわ。

 

前回の続きです。

 

名称未設定-16 名称未設定-19 名称未設定-23 名称未設定-25 名称未設定-27 名称未設定-28 名称未設定-31 名称未設定-33 名称未設定-35 名称未設定-39

 

ここまではハーフサイズカメラで撮ってます。

 

微妙に浅い写りで、そこが好き。

 

名称未設定-40 名称未設定-43 名称未設定-44 名称未設定-46 名称未設定-48 名称未設定-50 名称未設定-53 名称未設定-58 名称未設定-59 名称未設定-60 名称未設定-130 名称未設定-135 名称未設定-141

(どういう指示してこのポーズになったんだろう笑)

 

ここら辺は我が愛するヨーガン・テラー様と同じレンジファインダーカメラです。

 

ともにフィルムは同じなのに、面白いねえ。

 

そしてこの辺りの写真は、ほぼ僕の地元で撮っています。

 

地元だったらロケハンの必要無いし、人があんまり行かなくて、自分が「綺麗だな」と思う場所っていっぱいあるので、コンセプトに合えば積極的に地元で撮るようにしています。

 

しかしまあ今月は、、

 

よく色々撮りました、、

 

正直、ネタ切れです笑笑

 

来月はクリスティーナとの大作を作る計画もありますので、少しセーブします。

 

Chao!