名称未設定-163のコピー

せっかく美容師になれたんだもの。


色々なもので写真を撮ってきて、

 

ヘアカタログ的なものを撮るのはiphoneが一番いい、と思っています。

 

実際撮影の仕込みに来たモデルさんをフィニッシュ後にえい!とiphoneで撮ったものがすごく良かったりする。

 

なんせ見たまま撮れる。

 

f1.4とかで撮るとボケて綺麗だけど、そういう風に見えてるわけではないからね。

 

Lightroomで明瞭度下げてボケボケとかね、写真としてはいいかもだけど、やっぱり少し嘘が交じる。

 

で、じゃあなんで僕がわざわざこのデジタル全盛期の時代に、フィルム代もかかる生産もとっくのとうに終わって誰も使っていないようなアナログカメラでイメージを撮るのかって、

 

「普通じゃダメだから」

 

というシンプルな理由で。

 

ちょっと話は変わりますが、僕が好きなブッダブランドというHIPHOPグループの「人間発電所」という日本のRAPのクラシックと言われている曲にこんな歌詞があります。

 

「いかれてる、いっちゃってる、異ノーマル、普通じゃない並外れてる!

人とは違う独創性に富む、雲の上でCHILL上にゃ上がいる!」

 

この部分をラップしているのが去年亡くなったDev-Largeという人なのですが、

 

ラッパーは普通じゃダメなんだよ、と常におしゃっていたそうで、

 

僕は美容師も常にそういう気持ちがなきゃだめなんじゃないかって。

 

俺らは美容師っていう普通じゃない人種なんだ、作品づくりに関して、やってること簡単に理解されてたまるかよ!みたいな気持ち。

 

簡単に理解されるのはダメなくせに、たくさんの人に作品を見て欲しいという、

 

くそわがままな僕ですが笑

 

そして自分がつくって自分が撮るなら、やっぱりそのモデルさんの「パブリックイメージ」とは違うものにしなきゃなあと常に感じているところで。

 

せっかく美容師になれたんだし、

 

ヘアもメイクもうまくできるのに、普通のポートレートが撮れる人の写真とあまり変わらないようでは勿体無いというか。

 

名称未設定-163のコピー

もちろん自分がやっていることが大正解、なんて微塵も思っていないし、

 

でも「普通じゃダメなんだ」ってファインダーを覗くたびに思うようにしてて。

名称未設定-172

セミナーでもよくお話させて頂いているし、ブログでもよく書いていますが、

 

テレビはもう4年以上観ていないし、一般誌と言われる雑誌も一切観ていないし、

 

おかげで我が家は映画のDVDと写真集だらけになってしまいました笑

名称未設定-173のコピー

 

せっかく美容師になれたんだもの。

 

明日からまた頑張ろう。

 

Chao!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です