「カメラが好き」と「写真が好き」は似て非なるもの

こんばんは。

 

結構、撮影の時の道具に対する質問をよく頂きます。

 

ただまあ、「そこじゃないんだけどなあ」なんて思いながら。

 

「カメラを介して作品を残せる」っていうとこがすごく気に入ってる部分で、

 

「撮れた!」ってなる感覚が好き、という感じなので、(撮影しながら「オレ今ゾーン入った!!」って言ってる時です笑)

 

道具は別になんでもいい、というところがあります。

 

例えば、今はレンズに特に皆さんこだわりますよね。

 

でも僕は普通に、最初についてくるしょぼいズームレンズの広角側で撮ったりすることが多いです。

 

シャープに撮りたければフィルムでポジで撮りますし。

 

新しいテクノロジーというか、そういうもので撮ったからといってそこにあるものがより美しくなるわけではないですし、

 

誰でも綺麗に撮れるようになる、という「平均値が上がるだけ」みたいにしか思っていないので、

 

新しいなんちゃらのレンズどう思いますか?とか聞かれても、全くわからないし、興味もないです。くれたら使いますが笑

 

写真術、みたいのも最近は捨てているところがあって、

 

やっぱり完璧であればあるほど「綺麗な画像」であるけど「写真」とはちょっと違うなあ、と感じたり。

 

あと「自分らしさ」みたいのを出すには?みたいなことも聞かれますが、

 

そこでシャッター押してるのは自分だけなのだから、それはもう自分のものですし、

 

あんまりそこに「自分を残す」みたいなことは考えないほうがいいんじゃないのかなと感じてます。

 

あんまりそういうこと考えると、すごい「しらけた写真」になっちゃうような気がするし。

 

100人いて100人が「綺麗だな」と思うものよりも、

 

100人いて2,3人しか「綺麗だな」って言わないもののほうがなんか気になるし、撮る意味があるような気がするし。

 

写真術とかそういうのじゃなくて、「自分なりの視点」で写真に自然にマーキングできてればいいと思いますし。

 

だからやっぱりリスペクトのないオマージュはダメだと思いますし、

 

「自分なりの視点」を見つけるには色々な勉強が必要だな、と思います。

 

ちなみに僕は今メイクや花に凝っているので、写真撮るときにはヘロヘロで、重いカメラ持ちたくないので、お花シリーズはiphoneで撮って加工してたりします。あとはミラーレスね。

 

がっつりつくったら、軽く撮る。

 

仕込みほとんどしない超ラフなやつを、めっちゃちゃんと、縦構図で撮っちゃう。

 

縦構図は撮る側の覚悟が必要だって佐内さんが言ってましたし。

 

そういうバランスがすごく大事な気がしてます。

 

名称未設定-68

Chao!

お花シリーズ「Power of Beauty」が結構極まってきた。

こんばんは。

 

今朝、私の大人気シリーズ、

 

「Power of Beauty」の新作の撮影でした。

 

もともとは、商品パッケージの撮影で使った生花を、

 

「もったいないから」という理由でモデルを寝かせて花を配置して写真を撮ってみたところ、

 

意外なほど評判が良く、作品としても成立するので、

 

シリーズ化してみた、というまさに偶然に導かれた感じです。

 

そもそも花は好きで、1年くらい独学でアレンジメントは勉強していたので、

 

色の配置や花の手入れや切り方など、

 

なんとなくはできる、というのも今はすごく役立っている。

 

ただ似たような作品をinstagram等で見る機会が多くなっていくにつれ、

 

この表現は正しくないかもしれない、と思って熱が急速に冷めてしまった。

 

しかしまた色々なきっかけがあり、久々に、、、

 

コンセプトを決め、花を決め、それに合うメイクをして、花を活けていく。

 

なんとも言えない高揚感があり、夢中になった。

 

自分が求めるのは、

 

深くて、感応的で、ベルベットのような質感。

 

モデルが、とか、花が、とかではなくて、

 

写真が、そういった質感を持てばいいなと思って、シャッターを切っております。

 

この撮影の時は、

 

基本的にはアシスタントなどは入れず、

 

全て僕一人でやるのはもちろん、

 

見学させて欲しい、という方も申し訳ないのですが基本的にお断りしています。

 

誰かに見られていると、どうしても「自分がどう見られているか」ということを少なからず意識してしまうので、作品に集中できません。

 

セミナー等の「お教えする」というスタンスで臨めば全然ベクトルが違うから大丈夫なのですが。

 

ですので、数人でスタジオ借りて「撮影会」みたいのも基本的にお断りしているのも、そういう理由です。

 

今回、だいぶ気合い入れました。

 

まだまだこの表現を続けていくことは、

 

苦労する価値があるように思えます。

名称未設定-65 名称未設定-68 名称未設定-64名称未設定-69

 

Chao!

 

いっぱい説明すると作品はどんどん安くなる。

作品(アートワーク)をSNSなどで載せる時に、
何をどう作ったとか、
今はこういうのがトレンドだからこうしてみました、とか、
書く人が多いように思うのですが、
 
それってアートワーク、ではなくて広告(コマーシャル)では?
と思ってしまいます。
作品と言っていても、、、
 
例えば、
「戦争は絶対にいけないことだ」というテーマを伝えたい映画があったとして、
劇中に「戦争は絶対にいけないことなんだーー!!」っていうセリフは、
絶対に入ってちゃいけないですよね笑
 
作品を見た人が「あ、戦争は絶対にいけないことだな」と感じるように作るべきだということですね。
 
つまり見る人が「どう感じるか」を意識して、さらに見る人にある程度委ねる、というのが「作品」ということで、
 
伝えたいメッセージをキャプションで書いちゃうなら、
それはもうコマーシャル、プロモーション。
「作品」って言っちゃうと超さぶい。
 
言葉をどれだけ排して伝わるか、
あなたの作品はそれ自体が雄弁に語っているか。
「作品」ってそういうことだと思うのだけれど。
 
なんていう独り言。
 
名称未設定-30
 
Chao!

instagramの影響力にビビってる

こんにちは。

 

最近、メイク動画の専用のアカウントを作ったりして、

 

そのアカウントで結構instagramを徘徊しながらフォロバしたりとかすると、

 

IMG_4165 IMG_4166

 

めっちゃ感動してもらえるという、、

 

オレもこんな風に言ってもらえて感動しているぜい。

 

で、

 

せっかくメイク動画の専用アカウント作ったのに、

 

本アカに動画を載せてしまうという軽い失態を犯し、気づいた時にはもう

 

IMG_4144 IMG_4145 IMG_4147 IMG_4146

 

#RMK や

 

#リップとか、割にメジャーと思われるハッシュタグでことごとく人気投稿になり、

 

IMG_4167

 

再生回数も1万行きそうなので、もう消すのもったいないのでこのまま行きます、、、笑

 

分けるの面倒なので、本アカで全部載せることにしました。。

 

皆様お楽しみに!

 

Chao!

 

名称未設定-61

美容師が高級鉄板焼き店の写真を頼まれて撮ってきた話

こんにちは。

 

先日ですが、

 

私ごときでは入るのに相当な勇気と資金と、落としたい女性がいないとまず縁がない、

 

「鉄板焼き 花」さんの写真を撮ってまいりました。

 

名称未設定-7 名称未設定-19 名称未設定-56 名称未設定-84 名称未設定-92 名称未設定-97 名称未設定-116

 

もうね、撮ってる途中で

 

肉が女性に見えてきました。

 

こうなったらもういい写真が撮れる気しかしません。

 

僕は何屋なんだろう、、、

 

しかし写真の仕事を頼まれることはとても嬉しいこと。

 

むしろこれからは美容一本道!!みたいな感じではなく、

 

美容から派生させて僕の場合「写真」になってて、そこもちゃんとビジネスにしちゃう。

 

あ、6月にお客様向けメイクレッスンも行う予定です。

 

今いろいろ調べているのですが、、

 

高いんですねー!メイクレッスンって汗

 

安くても1時間半で15000円とか、、

 

マンツーだと平気で5万とか、、

 

まあ僕がやるなら顧客様は1万とかは絶対超えない料金でやりたいな、と思っています。

 

7~8000円とかが妥当かなあ、、

 

 

何かご意見あったらLINE@へお願いします!

 

Chao!

 

 

 

 

 

「写真」として成立していればその写真は色々なところで使ってもらえるし、きっとその「写真」は残るはず。

今日の夜から神戸に入ります。

 

関西の皆様よろしくお願いいたします☆

 

☆告知☆
2016年5月2日 新田将行 トークライブ&セミナー
「新田と遊ぼう vol.2 in 神戸」
第一部 11:00〜13:00
 東京で募集開始一日で満席になった新田将行によるトークライブ!!
海外や日本のファッションフォトグラファーの歴史や手法から今注目される写真をどう撮るのか、どう我々の仕事に落とし込むのか。
様々な写真家の仕事を参考にしながら、独自の理論で「美容師が撮るべき写真」を語り尽くします。
 
定員50名 
チケット 3000円+TAX                                     第2部 13:30〜17:00
2016年のトレンドメイクとファッションとヘアスタイリングを組み合わせて、半歩先行く発信を!!
・2016年注目は「ダブルライン」?!
・おフェロは卒業!次は◯◯◯メイク!!
・ヘアは質感とパンチ力!!
・アナログカメラとデジタルカメラ、それぞれの利点を使い倒す!!
などなど、解説付きのスタイリング、メイクアップ、カメラワークのデモンストレーションになります。
モデル 石元歩唯(いしもとあい)
専門学校を卒業後サロンモデルとして関西を中心に活躍中。
Instagram(@518aichi)でその可愛さとセンスが注目を集め、ViViの誌面に度々スナップされていた石元歩唯ちゃん。
現在フォロワーは25000人!話題のインスタグラマーであり、新生ViVi girlです!
 
定員25名
チケット 5000円+TAX
 
一部二部両方ご参加の方は8000円+TAXのところを7000円+TAXとさせて頂きます。
先着順になりますので宜しくお願いします。
 
場所 ナプラ神戸スタジオ
お申し込み、お問い合わせは、僕の美容師さんへの情報発信専用LINE@で友達追加して頂いてメッセージお願い致します^ ^
1部のトークライブに関しましてはモデルさんや学生さんでも楽しめる内容になっておりますので、美容師さんに限らず参加して頂けます。
 
 
写真、写真、写真、、、、
 
 
 
ひたすらに写真のことを考えて、写真のことがきっと大好きになる内容になっている、、と思います。
 
 
最近は、
 
 
IMG_3751 IMG_3752 IMG_3753
 
広告に僕の写真をドカンと使っていただいたり、
 
IMG_3754
 
Sweetという雑誌のこのようなページに僕の写真をちょこんと載せて頂いたり、
 
 
自分の名前が出る出ないは置いておいて、たくさんの方に見ていただけるということに関してとても嬉しく感じております。
 
 
ヘアやメイクはもちろんですが、
 
 
「写真」として成立していればその写真は色々なところで使ってもらえますし、
 
 
きっとその写真は残ります。
 
 
明日はそんな話をガンガンしていこうと思います。
 
JPEGイメージ-C3689EB01444-1
 
Chao!